アンチエイジングのことなら美容外科にお任せ【自分に合った施術を】

肌が若返る照射系の治療

カウンセリング

肌老化を予防する

どんな人間でも、年を取るごとにどんどん肌の衰えがひどくなります。コラーゲンやヒアルロン酸が減少して乾燥しがちになり、肌の弾力が減少してしわができるのは仕方がないことです。しかし、日ごろからアンチエイジングを心がけることで、同級生よりも若い見た目をキープすることが可能です。スキンケアでアンチエイジングをするには、エイジングケア用の基礎化粧品ラインがあります。エイジングケア用の化粧品には高濃度セラミドやコラーゲンなどの美容エキスが配合されていて、それが浸透すると年齢を重ねた肌が生き返ります。しかし、スキンケアでできるアンチエイジングには限界があります。エイジングケア用の基礎化粧品にあるのは、あくまでも「現状を維持する効果」です。すでにできてしまっているしわやほうれい線を、スキンケアだけで改善するのは困難といえます。積極的に若返りをしたいなら、美容外科クリニックのアンチエイジング系の美容医療が効果的です。多くの美容外科クリニックでは、様々なアンチエイジング系の最新美容医療メニューを導入しています。そして実際にクリニックを利用して、肌のメンテナンスをしている女性は沢山います。最新の美容医療ほど少ない負担で大きなアンチエイジング効果があり、出血や腫れ、内出血などのリスクなしです。市販の基礎化粧品を用いて行うエイジングケアではできない、しわ消し・たるみのリフトアップができます。肌のメンテナンスに最適な美容医療メニューは、どれも外科手術よりもリスクが少ないのが魅力です。たとえば、サーマクールなどの高周波治療はラジオ波エネルギーを顔に照射するだけですが、フェイスリフトと同じようなリフトアップ効果があります。サーマクールは自分自身のコラーゲンを増やして肌を若返らせていくので、整形した感じがせず、見た目が自然です。ウルセラシステムも同じように、超音波を照射する照射系の美容医療です。ウルセラシステムの場合、サーマクールよりも深いところまで浸透し、筋肉レベルでアンチエイジングができます。コラーゲンの生成と筋肉の引き締めが同時にできるのは、いまのところウルセラシステムだけです。エネルギーを照射して自分自身のコラーゲンを増やし、肌のしわやたるみをなくす美容医療には、高いリフトアップ効果、タイトニング効果があります。はじめて照射をした場合、効果のピークは3か月目くらいです。そしてピークを過ぎると、それから徐々にもとの肌に戻っていきます。しかし、効果がなくなりそうになったら再度エネルギーを照射すれば、再びコラーゲンが活性化してリフトアップします。そして初回よりもずっとリフトアップ&タイトニング効果が継続するようになります。一回目から半年経過したぐらいで二回目を照射し、それから一年を経過したぐらいで三回目を照射、と回数を重ねていくのが理想的です。そうすれば、どんどんアンチエイジング効果が長持ちするようになります。照射系の美容医療をまだ30代や40代のうちから初めていれば、50代60代になってもコラーゲンがたっぷりのハリのある美肌を維持できます。

TOP