アンチエイジングのことなら美容外科にお任せ【自分に合った施術を】

美しさと若さを保つために

ナース

本格エイジングケアの効果

加齢によって身体には様々な変化が生じるため、肌内部のコラーゲン量やヒアルロン酸量が低下したり、新陳代謝のサイクルが乱れやすくなったり、ということが起こります。30代を過ぎると、肌がくすみがちになったり小じわなどができやすくなったりします。そうしたお肌の変化があるのも、必要な要素がなくなるというメカニズムによるものです。年齢を重ねても美しくいたい、若々しい印象を保ちたい、というのは多くの人に共通する願いでしょう。アンチエイジングに関心を持つ人が増加しており、スキンケア化粧品にも様々なエイジングケア製品が展開されています。シミやくすみの改善など、美白に特化した美容液、フェイスリフト効果のあるパックなどが人気です。また、アンチエイジング美顔器なども販売されており、お肌のたるみやくすみに悩んでいる人から人気を集めています。化粧品や美顔器などによるセルフケアを行っても十分な効果が得られないと感じる人や、もっと本格的なアンチエイジングをしたいと考える人に注目されているのが美容外科のエイジングケア施術です。美容外科クリニックでは年齢からくるお肌のトラブルを解消し、フェイスラインをリフトアップする様々な施術メニューが扱われています。近年、美容外科クリニックによるエイジングケアが人気となっている理由は、リスクが少なく、短時間で受けられる様々な施術が開発されたことにあるでしょう。一昔前、美容外科というとメスを使用して手術をするイメージがありましたが、最近では皮膚を切らない安全な施術が多数開発され、主流となりつつあります。多くの人から選ばれている美容外科のアンチエイジング施術として、注射器を用いる「注入法」が挙げられるでしょう。この施術は、ヒアルロン酸やボトックスなどの薬液を注射器によって皮下に注入するものであり、低リスクで安全性が高いというメリットを持っています。目の周りのくぼみが目立つ、頬がこけて見えるなどの場合、ヒアルロン酸を内部に注入することでふっくらとした印象を取り戻すことが可能です。また、表情筋からくる額のしわやほうれい線などには、筋肉を弛緩させるボトックスが用いられます。固くなった表情筋を柔らかく弛緩させることで、深くくっきりとした顔のシワを目立たなくさせることができるのです。頬や顎周りがたるみ、フェイスラインの崩れが目立つという場合に適した施術では、医療用の糸を用いたリフトアップが広く知られています。皮膚を切り取ることなくお顔のたるみを改善し、若々しく引き締まったフェイスラインが作れるとして人気です。この他にもレーザーや高周波を用いる施術など、美容外科クリニックでは多種多様なエイジングケア施術が行われています。これらの施術はダウンタイムも少なく、身体に負担がかからないため、ワンランク上のアンチエイジング美容法として多くの人に支持されています。外科手術を伴わない施術は、身体に負担がかからないだけでなく費用もリーズナブルな傾向です。低リスクかつ低費用なアンチエイジング施術は、気軽に受けられる美容整形として今後ますます注目を集めることになるでしょう。

TOP